ウンノハウスの評判を知ろう|思い通りの家ができる

伝統的な技術で家造り

作業員

建材や工法にこだわる

宮大工は神社や仏閣を建てるのが主な役割で、文化財クラスの建築物の修復に携わることもあります。それだけに大工の中でも技術力は最上級とされていて、日本古来の匠の技を身につけているのが特徴です。宮大工になるには、徒弟として数年の修行を積むのが主流ですが、近年では専門学校の伝統建築学科で学ぶという方法もあります。いずれにせよ一人前と認められるには、普通の大工より長期間の修行が必要です。神社や仏閣の建築依頼は限られているので、普段は一般住宅の建築を取り扱っている宮大工も少なくありません。宮大工の多くは建築方法や素材にこだわりを持っており、日本の自然環境にマッチした、住む人に優しい家を建てることができます。良質の建材で丈夫な家を建てれば、耐用年数も長くなるため、建築費は多少高くついてもコストパフォーマンスは向上します。もちろん和風建築は最も得意とするところですが、宮大工によっては洋風建築を取り入れることも可能です。宮大工の中でも超一流になると、依頼するにも多額の報酬が必要になる場合があります。しかし高度な技術を持つ宮大工でも、一般の大工と比べて、それほど大きく日当が違うわけではありません。ただ手作業でじっくりと仕事に取り組むことが多いため、完成までに時間がかかり、それだけ人件費がかかりやすいと言えます。同じ工務店でも宮大工ばかりが勤務しているわけではないので、特に必要な部分だけを依頼するのもひとつの方法です。